MENU

薄毛の対策でも10代男性の場合には

薄毛の悩みを持つ男性は多いものですが、サプリメントや薬効成分があるものだと、健康への留意も必要になります。特に10代男性などはまだまだ成長途中にありますので、そういった影響がどのような形で出るかはわからないものです。たとえば「なぜか体毛が濃くなってしまった」「やる気がなくなってしまった」「だるくていつも眠い」といった使用感が2chにも寄せられています。薄毛に良い影響が期待できる薬の成分には、肝臓や血圧に大きな影響を与えるものが多く、また女性ホルモンを優位にすることで、または男性ホルモンを抑制することで発毛環境を整えようとするものが多いのです。成長期にある人がホルモンバランスが取れにくいことはよくあることですが、そこに更にバランスが変わるようなことをすれば影響が出るのは当たり前です。

成長に必要なものまで阻害しないためには

男性にはどちらか一方のホルモンしか必要ないわけではありません。薄毛になってしまうことから見てもそれはあきらかです。しかし男性ホルモンが過多だからといってそれを大幅に抑えてしまえばよいというものでもありません。男性ホルモンは身体の各機能の成長を大きく左右するものですから、特に10代男性には必要不可欠なのです。もしその量を意図的に調整すれば、今あるものを全て成長に回さざるえなくなり、他の機能は活動を抑えなければならなくなります。2chに寄せられるような「疲れやすく眠たい」ということになってしまいます。また肝臓に対しての影響は成長期が終わった人間にすら大きく出るようなものであれば、10代男性には顕著に表れて当たり前です。そういったものの影響が少ない対策をチョイスすることで、健康的に改善されたという意見が寄せられています。

育毛剤と育毛ケアで改善を

成長期にある10代男性が2chで「一定の成果を上げた」と感想を寄せるものに、育毛剤と育毛ケアがあります。化学的な成分を出来る限り排除したシャンプーやコンディショナーを使った上で、自然派志向の育毛剤を使って総合的な育毛ケアをすると、まず頭皮環境が変わり、それにともなって抜け毛が減る、そして発毛が促進されたという流れだったということが多いようです。大体がそこまでを体感するのに「6カ月から1年ほどかかった」といいますが、「全体的に清潔感も出てきた」「匂いも減った」という意見も見られます。特に生薬やハーブを使った低刺激にものも多く、その中でもきちんと洗髪指導や育毛ケア指導を専門家に受けた人などは効果が早い傾向にあります。それによって体調に影響が出たという意見は見られません。